山形の希少な紅柿を自然乾燥でつくる伝統の美味しさ紅干し柿(べにほしがき)

干柿 「お楽しみ食べ比べ」 蔵王初雪と紅干柿 詰合せ (山形産)

商品カテゴリ一覧 > 伝統の紅干柿 紅柿(べにがき) *12月下旬

商品カテゴリ一覧 > 商品一覧

商品カテゴリ一覧 > 旬☆季節のおすすめ商品 

  • *ご贈答(ギフト)には、正規品 2L32果 をおすすめしております。
  • 7 干柿 「お楽しみ食べ比べ」 蔵王初雪と紅干柿 詰合せ (山形産)
    7 干柿 「お楽しみ食べ比べ」 蔵王初雪と紅干柿 詰合せ (山形産)
    7 干柿 「お楽しみ食べ比べ」 蔵王初雪と紅干柿 詰合せ (山形産)



    *こちらのセットの紅干し柿は2L特選ギフトより小さいLサイズとなります。

    【山形県上山産】平種無柿のやわらか仕上げと紅干柿10果小袋詰合せ 人気商品7干柿:お楽しみ食べ比べ 蔵王初雪と紅干柿 詰合せ

    商品番号 10804-01

    *自然乾燥となり 時期やその年で白粉の状態は異なります。

    [販売価格]4,700円(消費税込:5,076円)

    会員価格あり!

    会員様価格4,500円(消費税込:4,860円)

    [23ポイント進呈 ]

    ご購入手続き時に消費税込み価格にて申し受けます
    冬季お歳暮時期のし
    お届け日希望選択

    在庫数:3

    数量
    商品についてのお問い合わせ
    お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
    レビューを書く

    販売店名 山形まめ印屋
    商品名 7 干柿 「お楽しみ食べ比べ」 蔵王初雪と紅干柿 詰合せ (山形産)
    産地・原料 山形県上山市 紅柿 平種無柿 二酸化硫黄
    規格 平種無し柿遠赤仕上げ(10個)と紅干柿小袋(10果)
    発送時期 12月下旬(25日頃〜)から開始 *2月追加入荷販売品は2月〜2月下旬頃まで
    配送  ★3月中旬以降はクール便配送 (クール料金弊社負担) 12月から2月は常温便 *お届け後は10度以下(または冷蔵庫)で保存 冷凍保存も可
    保存方法 暖房のある部屋または18度以上の場所に15分以上放置しないでください。白粉が溶けます。温度に敏感な繊細な商品です。
    お届け後は、冷蔵庫または10度以下の寒い場所に保管してください。賞味期限:3月末頃を目安にお召し上がりください。
    冷凍保存もできます。

    ★寒い産地だからできる発送までの温度管理 品質第一でお届けいたします。

    当店では寒い雪国山形から産地直送。暖房のない部屋で梱包・発送作業まで行っています。

    保存料を使用しない、また極力抑えた「自然乾燥」の干し柿はとてもデリケートです。温度に敏感で 暖房のある暖かい部屋では 表面の白粉(糖分の結晶)が溶けてしまい 一度溶けると品質の劣化につながります。(一度表面の糖分の結晶が溶けてしまえば元にはもどりません。) 旅館の売店やデパートなど暖房のある室内での販売は困難な商品です。 当店ではよい状態でお届けするために 温度管理にも気を配りながら産地からお客様のお手元にお届けしています。

    ★原料柿について:当店では定番の32果紅つるし柿は粒の大きさを2Lサイズ以上

    です。

    ★原料柿となる紅柿からこだわって栽培し、上山産の中でもさらに厳選し、わずかしかない「本場地域」の高級干柿です。
    ★定番32果つるし柿商品はサイズを2Lサイズ以上に限定しています。(こちらの商品の小袋はLサイズとなります)
    ★作業は一粒一粒に手をかけて室で乾燥をさせます。
    温度や湿度の管理 人の手間と時間をこれだけかけてつくる甘味はないのではないでしょうか。山形独特の風土 自然と熟練の技がつくる甘味とねっとりした食感が素晴らしい逸品です。

    ★保存料について:当店では保存料となる二酸化硫黄の使用を通常より少なくまたは無添加のものを厳選しています。

    ★一般的なドライフルーツや干柿には二酸化硫黄を保存料として使用しています。
    色鮮やかな仕上がりになり温度管理などしやすくなりますが、固くなり本来のフルーツのおいしさを保つことができなくなります。
    当店では それらを極力使用しない生産者のもの、そして無添加のものをセレクトしています。

    2月限定品
    紅干し柿のつるしタイプと平種無柿のやわらか仕上げ個袋タイプの詰め合わせです。
    2月の限定品は、寒さと時間がつくったねっとり感が特徴です。
    白粉は糖分の結晶、時間の経過とともにでてくるものです。
    画像は2月上旬の様子、温度に敏感ですので*10度以下保存厳守願います。
    山形の干柿本来の美味しさを味わる時期で 昔は2月(旧正月)に食べられていたもの、年末年始とはまた異なった美味しさに変わりました。
    この時期ならではの美味しさをお楽しみ下さい。病みつき・再注文多い商品です。