山形の郷土食寒い冬につくる凍み大根、栄養豊富な凍み大根は身欠きにしんと炊く田植えの時期のご馳走でした。今では手間と時間がかかるため作る人も減少、希少な高級食材となりました。山形の懐かしい美味しさです。冬〜春の食材です。

商品カテゴリ一覧 > 春に食べる凍み大根

凍み大根

1 件中 1-1 件表示 

凍み大根(乾物)
凍み大根(乾物)
凍み大根(乾物)

旧正月〜田植えの時期の保存食 厳冬の時期に雪の中でつくる山形の懐かしい味 雪国伝統の自然食品特選 西蔵王の凍み大根 【保存料・漂白剤無添加】(乾物)

雑誌掲載
予約商品

商品番号 11201-01

ご予約分をつくってもらいます。発送は1月下旬以降〜春頃まで(なくなり次第終了)

[販売価格]690円のところ
新春商品早期ご予約価格500円(消費税込:540円)

[3ポイント進呈 ]

【予約受付期間:9月29日0時0分1月20日23時59分

ご購入手続き時に消費税込み価格にて申し受けます
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

山形の伝統の味 寒の入りから大寒に雪の中でつくる自然食です。
有機質肥料で栽培された西蔵王高原野菜をひとつひとつの工程すべて
手仕事でつくられた凍み大根です。
漂白剤や添加物は使用しておりません。無添加です。

2017年2月NHKテレビ番組シブ5時にて全国放送いただいた商品です。


凍み大根
雪国ならではの知恵、昔ながらの伝統の味ですが
つくるには手間と時間がかかること 正月があけた1月から2月の一番寒い時期の
作業となるため農家さんの高齢化とともに作る人もほとんどいなくなった手づくり品。寒さ厳しい西蔵王のものです。

本場のこの地域でも2〜3人の生産差のみとなりました。
今では貴重な高級食材となりました。
自然食品として また懐かしい味を思い出してと、人気のお品です。
2018年産は 今年の冬は寒さが厳しく 雪が多い年でした。 寒さだけならよいのですが、
凍み大根に雪かぶると雪の中は0度以下にならないため、
干した大根に雪が積もるたびに 
何度も何度も雪降ろししながらの生産でした。

高原にある畑に入るだけでも雪かきが大変でした。
生産者さんのご苦労を思うと
ありがたさが身に沁みます。

今年は大切に販売していかなけばと改めて思う冬でした。
ほんのわずかですがおすそわけ販売させていただきます。
山形の冬限定、伝統の自然食品。


原料 山形県産大根(生産者限定品 有機質肥料を使用し 農薬をできるだけ減らして栽培しています)) 
規格 1袋3ケ入り 約20〜30g 乾物 *水または湯で戻して料理にお使い下さい。
配送・賞味期限 1月下旬頃から発送可。(*ご予約分をつくってもらいますので10月からご予約受付いたします。)常温便  表示の品質保証期限・賞味期限は6月上旬〜下旬頃 *乾物のため保存次第で長く保存可
保存方法 直射日光の当たらない冷暗所または冷蔵保存。*(参考)乾燥しないよう空き瓶などにいれて保存下さい。



1 件中 1-1 件表示